イッセーたちの誕生日とか


早くロングソードを握ってアノール・ロンドに行きたいものです。

半月以上空けてしまって申し訳ございませんでした。
すんごく忙しくなってきていたので、なかなかタイミングが見つからずブログ更新ができませんでした。
ひたすら書き続けるのみです。
何かお知らせできるものができましたら、ここでお話させていただきます。

D×D21巻の熱いメッセージをたくさんありがとうございました!
やっぱり、章のクライマックスは書いているときにテンションがグーンッと上がるものです。
まあ、21巻の超決戦4連発は書いていて楽しかった反面、かつてないほどにキツかったですけどね。
しかし、ファンの方々が喜んでくれたのなら、書いて本当に良かったなーと思えます。

あ、D×D最終章は今年中に突入します。
SLASHDOGも原稿をどんどん書いているのでご心配なく。

なんか、これだけだとあれなので、D×Dの各キャラの誕生日をあらためて記載します。

リアス 4月9日
アーシア 5月11日
朱乃 7月21日
小猫 11月23日
ゼノヴィア 2月14日
イリナ 9月29日
ロスヴァイセ 8月8日
レイヴェル 6月3日
黒歌 10月1日
ルフェイ 3月3日
九重 9月9日
オーフィス 不明

一誠 4月16日
木場 5月30日
ギャスパー 3月14日
ヴァーリ 6月6日


あとで、これらも裏設定に載せておきます。
ちなみに私も今月25日に誕生日だったりします。

それでは。


web拍手を送る

[PR]

# by ichiei_ishibumi | 2016-04-12 16:22 | D×D | Trackback

「ハイスクールD×D21 自由登校のルシファー」本日発売!


ハイスクールD×D21
自由登校のルシファー

本日発売!!


第四章、終幕なり!

ゲーマーズさんで21巻を購入致しますと、店舗特典が付くようです。

同日に発売されますドラゴンマガジン5月号の付録にハイスクールD×Dのクリアファイルが付くそうです。
なお、先日もお知らせしたようにドラマガにD×Dの短編は掲載されておりません。
再開時期が決まりましたら、ここでお知らせ致しますので、しばしお待ちくださいませ。

21巻あとがきでアニメBD特典小説のEXについてちょっと触れてますが、今後のD×Dのお話に必須なエピソードなわけではございませんので、ご留意ください。

では。


web拍手を送る

[PR]

# by ichiei_ishibumi | 2016-03-19 06:51 | D×D | Trackback

ハイスクールD×D21 自由登校のルシファー







――白い龍。





――覇龍を操りし者。




――北欧の主神オーディンの義理の息子。




――堕天使の長アザゼルの教え子。




――魔王ルシファーの血を引きし者。




そして――。






e0127543_1259116.jpg








――イケメン!








富士見ファンタジア文庫

ハイスクールD×D21
自由登校のルシファー

3月19日発売!






考えてみると、ヴァーリは中二病要素の塊のような存在でした。
そりゃ、「フッ」とかキザに振る舞う男の子になっちゃうよね。

さて、21巻とは、ヴァーリがモテるお話?
とんでもない!
イッセーとヴァーリが(ライバルとして)いちゃいちゃするお話です。
だって、D×Dはイッセーがモテてなんぼのお話だからね!



--------------------------------------------------------

そのようなわけで、今回、表紙がヴァーリとなりました。
野郎単独!
ギャスパー以来ですが、女装男子のギャスパーを特例とすれば、今回初の野郎単独表紙となります。
まあ、内容的にライバルのヴァーリにスポットが当たり、そこから同じ二天龍のイッセーも主役として絡むというものなので、ここ以外に表紙を飾るところはないだろうなーと。
いずれ、イッセーも表紙を飾るかなと思います。
木場は……まだわかりません。
そこは、黒歌やルフェイのほうが先でしょうな。

もうひとつお知らせ。
角川さんが今月1日より設立した小説投稿サイトのカクヨムさんにて、「堕天の狗神 -SLASHDØG-」が掲載されることになりました。
Beyondさんに続いて、カクヨムさんにも掲載と。
連載再開までもうちっとだけお待ちくださいませ。
次章を書きためてから掲載という形になったため、今年の上半期中には再開すると思います。

他にもいろいろと新たな試みをしておりまして、今年中にはお出しできるものもあるかなーと。
できなかったら申し訳ございません。
ひたすら書く所存でございます。

前回のブログで、「D×Dは次章で最終章だよ!」と書きましたが、さすがに最終章は1、2冊では終わらないのでご安心ください。
各ヒロインをもう一度ぐらい取り上げてあげないとね。
最終章がどんなものになるのか、それは21巻を最後まで読んでいただければなんとなくわかると思います。
あの世界観が今後どうなるのかも、それもなんとなく21巻でわかるかなと。
反響がすごかったので、一応ご報告だけ。

それでは。


web拍手を送る

[PR]

# by ichiei_ishibumi | 2016-03-01 13:57 | D×D×D | Trackback

特報 ハイスクールD×D21










黎明の子、明けの明星よ、なぜあなたは天から落ちてしまったのか。



多くの国を倒した者よ、なぜあなたは切られ地に倒れたのか。



――旧約聖書「イザヤ書」ルシファーの項より















High school D×D 21


















誰かを守る、か……。

俺らしくないかもしれないが、案外悪くないと思ってもいるよ。


――白龍皇ヴァーリ・ルシファー












無理をしてほしくないけれど……それでもあなたは戦ってしまうのでしょうね。――リアス・グレモリー



愛する男は、心と体が壊れてもなお立ち上がることを選択した。



イッセーくんの無事を信じて私は戦うわ。――姫島朱乃



あのときより彼女は確実に成長していたのである。



戦争なんて、初めてだけど、やるしかないね。――木場祐斗



トライヘキサと邪龍の大群との衝突は、各勢力をすべて巻き込んだ大きな戦争へと発展していく。



……そんな神さまクラスでも勝てないなんて……。――塔城小猫



トライヘキサの力は、想像を遙かに超え、神々すらも容易に超えていく。



わ、私がフェニックスの涙を用意しましたわ……。――レイヴェル・フェニックス



レイヴェル謹製の逸品である。



イリナ、アーシア、決戦だ! 行くぞ!――ゼノヴィア・クァルタ

ええっ! 天界のため、人々のため、皆のためにっ!――紫藤イリナ

はい! 私が皆さんを守ります! 守り切ってみせます!――アーシア・アルジェント




聖剣使い二人と、すべてを守護する聖女が戦場で舞う――。



決着をつけたい奴がいんだろ? だったら、ここは俺っちに任せなっ!――美猴

私たちのリーダーは、ヴァーリにゃ!――黒歌

私と聖王剣にこれからも面白いものを見せてくれるのでしょう?――アーサー・ペンドラゴン

私! 今世の二天龍はどちらも大好きですよ!――ルフェイ・ペンドラゴン




問題児な仲間たちは白い龍の決意を汲む。



私たちが作り上げた術で伝説の皇獣を止めます!――ロスヴァイセ



彼女の研究が、決戦でのひとつの鍵となる。



さてさて、儂も『D×D』としてやらんとねぃ。――闘戦勝仏・初代孫悟空

あーあー、引退した身なのに……。けど、戦わなきゃ立場的にやばいか!――西海龍童・玉龍

私も母上も戦うのじゃっ!――京都妖怪の姫君・九重

ほほほ、正念場やね。――京都妖怪の長・八坂

邪龍の群れごとき、俺と俺の眷属で蹴散らしてくれるっ!――魔龍聖・タンニーン




世界の危機に頼もしい友軍が各地から駆けつける。



リゼヴィム、厄介なものを遺して死んだが……思い通りになると思うなよ。――俺をなめるな。――堕天使の長・アザゼル



前ルシファーの息子が遺した悪意に、堕天使の長が強い決断をする。



……俺のダチを……兵藤一誠をバカにするってのかよっ!? それだけは許せねぇっ!――匙元士郎



冥界のため、仲間のために戦った同期を貶す言葉だけは許せなかった――。




相手はトライヘキサか……。おもしろいっ!――三日月の暗黒龍・クロウ・クルワッハ



邪龍の雄はその『怪物』を相手にしても一歩も引かない。



私も魔王としての役目を果たそうか。――魔王サーゼクス・ルシファー



現ルシファーが――動くっ!




そして、神をも滅ぼす具現が、集っていく――。




Longinus. Canis Lykaon――Balance break


――刃、すべて斬るぞ。今回は暴れていいと命令されたんだからな。――刃狗・幾瀬鳶雄


Longinus. Zenith Tempest――Balance break


切り札って意味、体現させてもらうってね!――ジョーカー・デュリオ・ジェズアルド


Longinus. Absolute Demise――Balance break


ヴァーくん、一人で無茶しちゃダメなのですよ?――魔法使い・氷姫のラヴィニア


Longinus. Regulus Nemea――Balance break


たとえ、この身が滅びようとも、我が拳に宿れッ! 命の輝きよッッ!――サイラオーグ・バアル


Longinus. Sephiroth Graal――Balance break


うふふ、私なんかでお役に立てるならうれしいのだけれど。――ヴァレリー・ツェペシュ


Longinus? Forbidden Invaded Balor――The beast


ヴァレリーの聖杯は必ず取り戻す! そして、彼女にも指一本触れさせるわけにはいかないッ!――ギャスパー・バロール


Longinus. True Longinus――Balance break


さあ、この槍に宿る遺志よ。この局面で何を示す?――曹操


Longinus. Divine Dividing――Balance break


アジ・ダハーカよ、おまえとの決着をつけよう!!――ヴァーリ・ルシファー


Longinus. Boosted Gear――Balance break


アポプス! トライヘキサ! てめえらの好きにはさせやしねぇっ!

この体が限界を超えようとも、これ以上の破壊を許しはしないっ!――兵藤一誠









666――。





すべてを飲み込む破壊――。





それを防ぐため、『D×D』が、神滅具が、勢力の垣根を越えた戦士たちが集う――。









来いよ、白龍皇ッ!


本物のルシファーってやつを俺に見せてくれッッ!


――『魔源の禁龍』アジ・ダハーカ






真紅の鎧のさらに先が開けたと聞いた。


赤龍帝よ、それを使わねば私には勝てないぞ。


――『原初なる晦冥龍』アポプス








リゼヴィム・リヴァン・ルシファーよりも遙かに強大なる二体の邪龍が、二天龍の前に立ちふさがる!









戦いさえあればよかった白龍皇――。






笑って暮らせる日常が欲しかった赤龍帝――。






この戦いを経て彼らが行き着いた答えは、まったく逆の――。
















兵藤一誠の考え方を、生き方を一変させるには、十分な戦いだった。



















――四章、終幕。



















富士見ファンタジア文庫

ハイスクールD×D21
自由登校のルシファー


3月19日発売!













我は、イッセーとずっと一緒にいる。


だから、イッセー。


泣かないで――。


――無限の龍神オーフィス











--------------------------------------------------

と、21巻の特報を打たせてもらいました。
ヴァーリ回です!
ようやく、イッセーの宿命のライバルについて語る機会となりました。
ただ単に戦闘狂のままにしても、イッセーのライバルとしては不十分だと思っていましたので、今巻で取り上げてます。
章の終わりということで、3章終わり(12巻)と同じように21巻も漢祭りとなりました。
あいつもそいつも熱く戦ってくれてます。
内容的に二冊に分冊するかなと思ったのですが、どうにか一冊に収まりました。
ただし、ページ数が厚くなりましたが。

さて、21巻で長かった4章も大筋が終わりとなります。
本当に4章長かったですね。
スタートは、アニメ一期が放送された2012年の暮れから2013年初頭頃だったので3年以上やっていたことになります。
そりゃ長い!
ただ、作中の重要な設定は大体語れたかなとも思ってます。
初期から設定だけ語られていた冥界の貴族社会とレーティングゲーム、天界の仕組みと『システム』や教会の戦士、これらを取り上げて悪魔の抱えていた問題に突入したのが、4章でした。
1巻のあとがきでも言ったようにD×Dはイッセーの成り上がり物語なので、彼が成長するに当たってどうしても冥界の暗部とも言える貴族社会の裏側も描かないといけませんでした。

とはいえ、1~3章で拾いきれなかったヒロイン(+ギャスパー、イッセー、ヴァーリ)の設定と、世界観の説明、補完をできたのが4章とも言えるので。
しかし、それは作品設定の裏側、黒い部分も話さねばならなかったため、シリアスめな章でしたね。
振り返ってみますと、1~3章(1~12巻)がD×Dの表側なら、4章(13~21巻)はD×Dの裏側なのだと思います。
テイストが双方で異なるので、好みの差は出るでしょうね。
けど、ハイスクールD×Dは1~3章と4章で表裏一体の物語なのだと思います。
10巻のイッセーとリアスの関係性(同世代との繋がり)、20巻のイッセーと両親の関係性(親世代との繋がり)と物語の節目が対照的になってます。
まとめて読むときは、1~3章の1~12巻を一気に読んでインターバルで13巻の短編集を読みましょう。
4章は、合間合間にDX1~2巻を挟みながら読むとちょうどいいのかもしれませんね。

続く22巻は、4章のエピローグ+次章突入となります。
『ハイスクールD×D』としては、宣言通り次の5章が最終章となります。
最終章のコンセプトは、『D×Dキャラの総決算』『お祭り』となります。
最終章は、基本1~3章のノリ+お色気に戻ってお話が展開します。
21巻も驚きの展開がありますが、22巻はさらにビックリする展開となります。
ヒロインも毎回二人ないし、三人の組み合わせで5章にてもう一度取り上げるつもりです。
もう少しだけ『ハイスクールD×D』の物語は続くんじゃよ。


ひとつ、お知らせを。
来月発売のドラゴンマガジン5月に、D×Dの短編は掲載されません。
諸々のスケジュール調整の結果、短編連載再開は現状見直し中です。
申し訳ございませんが、しばらくの間、お待ちくださいませ。
連載再開が決まりましたら、ここなどでご報告致します。

……とはいえ、やることが多く、今年もいろいろ大変そうです。
また何か決まったことがわかりましたら、ここにてご報告させていただきます。

ではまた。


web拍手を送る

[PR]

# by ichiei_ishibumi | 2016-02-17 22:57 | D×D×D | Trackback

寒い時期の修羅場


寒い!
いやー、冷えますね。
もう一月が終わりかけていて驚きます。

一旦、修羅場から抜け出しました。
まだ山場が断続的に続きそうです。

ハイスクールD×D21巻は、3月に発売予定です。
4章完結編となります。
大分、力を込めて書かせていただきました。
そのせいか、やはりページが厚くなりました。
しかしながら、いつも以上に濃い内容になったと思います。
何はともあれ、一冊に収まって良かったです。
3月によろしくお願い致します。

お知らせをば。
アニメ「ハイスクールD×DBorN」最終巻となります第6巻が発売となりました。
全6回の特典小説「ハイスクールD×DEX」も最終回となります。
謎の子供たちとアザゼルがどのような結末を迎えるのか、追っていた方は最後までよろしくお願い致します。
特典ドラマCDは「魔法少女リーア☆マジか」の後編となります。

いろいろ立て込んでまして、まことに申し訳ございません。
21巻の特報と、SLASHDOGチャプター2の特報も近々打ちますので、よろしくお願い致します。


web拍手を送る

[PR]

# by ichiei_ishibumi | 2016-01-27 20:18 | D×D | Trackback

みやま零さん描き下ろし「リアス・グレモリー」抱き枕カバー


宣伝だけ。
みやま零さん描き下ろし原作版のリアスの抱き枕カバーが各店舗にて予約受付中です。
詳しくはこちらです。
完全受注生産ですので、欲しい方は予約受付締め切りの今月1月18日までに予約してみてください。
って、予約の締め切りが来週ですね。
ここでの告知が遅くなりまして、申し訳ございませんでした。

今回は、そんな感じです。
では。


web拍手を送る

[PR]

# by ichiei_ishibumi | 2016-01-10 17:15 | D×D | Trackback

新年のごあいさつ2016


新年あけましておめでとうございます。
今年も何卒よろしくお願い致します。

とはいえ、もう6日になっていたとは思いませんでした。
元旦までは日にちがわかってましたけど、いろいろ書いてたら、もう1月6日。
何はともあれ、今年はD×Dをはじめ、SLASHDOG等々、たくさんがんばっていきますんで、応援のほど、よろしくお願い致します!

今月発売のドラゴンマガジン3月号には、付録の「ファンタジアカレンダーブック2016」が付きます。
そこにD×DのSSが掲載されております。
気になる方はどうぞチェックしてみてください。

あと、今月末発売の「ハイスクールD×DBorN」BD/DVD第6巻には、特典小説「ハイスクールD×D EX」の最終話が付きます。
ついにEXも第6話、最終回となります。
最後の最後、彼らとイッセーたちは、どうなってしまうのか、追っている方はどうぞその最終回を確認してみてください。

今年初めのブログ更新はこんな感じです。
ではでは。


web拍手を送る

[PR]

# by ichiei_ishibumi | 2016-01-06 19:59 | 雑記 | Trackback

2015年締めのごあいさつ


年末になってもD×Dを書きつつ、SLASHDOGも書きつつ、他の原稿も書くという非常にてんてこ舞いな日々を送っております。

さて、今年最後のごあいさつをば。
ファンの皆様、今年もハイスクールD×D、堕天の狗神SLASHDOG等を応援してくださいましてまことにありがとうございました。
今年は短編集D×DDXのスタート、D×D本編20巻に突入という大きな節目もありましたが、どちらも無事刊行することができました。

特に本編ハイスクールD×D20巻は、私にとってもイッセーにとっても特別な一冊になりました。
多くのファンから、関係者の方にまで、この一冊をお褒めいただきまして、私自身、自信と共に大きな励みになりました。
本当に応援ありがとうございます。

今年は私自身にも色々起きたせいもあり、ファンの方々や関係者の皆様、友達にまで温かく支えられてどうにか一年無事に過ごせたように思えます。
しかしながら、私自身の至らぬ点や、まだまだ甘い認識も大いに反省すべきところだったかなと思っております。
ご心配と共に大変ご迷惑をおかけ致しました。

DX2巻のあとがきでも書きましたが、D×D21巻は4章最終バトルということで、様々なことが起こります。
そして、次ぐ22巻では4章エピローグと共にえらいことが起きます。
いちおう、21巻でそれを匂わせる伏線は入れてあります。
ご期待くださいませ。
SLASHDOGのほうも近々Chapter.2の特報を打ちます。
あと、他の作品も来年特報打てる……よう務めます!

来年はデビュー10周年です。
10年の間に培った技術を生かしつつ、気持ちを一新しながら色々と臨むつもりです。
そんなわけで、年末も年始もお仕事ということになっておりますが、大掃除しつつお餅を食べながら、書いていきます。
来年もD×D、SLASHDOG等々を応援よろしくお願い致します!
今年はありがとうございました。

石踏一榮より


web拍手を送る

[PR]

# by ichiei_ishibumi | 2015-12-30 14:37 | 雑記

ハイスクールD×DDX.2 マツレ☆龍神少女! 本日発売!


ハイスクールD×DDX.2
マツレ☆龍神少女!


本日発売!!

どうぞ、よろしくお願い致します。

なお、本編新刊であるD×D21巻は来春発売予定です。
堕天の狗神SLASHDOGの第二章は来年の早い時期に再開を目指してます(ある程度原稿が溜まってからの掲載で進めてます)。
どちらも原稿を書き進めておりますので、もう少しだけお待ちくださいませ!

あと、来年は他の原稿も展開目指してます!
諸々、応援よろしくお願い致します!


web拍手を送る

[PR]

# by ichiei_ishibumi | 2015-12-19 10:05 | D×D

年末のオーフィスと九重


プラモ制作が筆塗りに回帰したとお話しましたが、部屋の環境自体整えまして、作業の合間に気分転換しやすい配置を作りました。
簡単に水で洗える塗料、筆でささっと塗れる環境、時間のない中で気分転換しやすい生活を手に入れつつあるのかなと思うしだいです。
つまり、ファレホは筆塗りの良い塗料なのです(個人的な感想)。


今週19日は、「ハイスクールD×D DX.2」通常版が発売となりますので、どうぞよろしくお願い致します!

e0127543_9542453.jpg


先に発売されました限定版と並べると、オーフィスと九重、仲の良い二人で対の形にできたりします。
かわいいですね。

さて、ドラゴンマガジンでのハイスクールD×D再開ですが……。
以前、来春3月発売のドラゴンマガジン5月号にて連載再開とお知らせしましたが、ちょっとだけ早まりまして、来月年始発売のドラゴンマガジン3月号より、D×Dが再開となります
短編ではないのですが、付録につきます「ファンタジアカレンダーブック2016」にて、SSを書き下ろしました。
これ、多分、今年の初めにもドラマガの付録であったと思います。
来年も付録で付くようです。
そのようなわけで、D×Dのドラマガ再開は来月発売分からとなりましたので、お気をつけくださいませ。

それと、今月発売の「ハイスクールD×DBorN」BD/DVD第5巻に付きます特典小説「ハイスクールD×D EX」第5話ですが、ついに最終決戦開始となります。
ここから、ファンの皆さんが見たいであろう組み合わせもあると思います。
こちらもお楽しみください。
あと、EXの劇中で「謎の子供たち」10人の登場ですが、まだ10人目は登場しておりません
残り2話のうちに登場致しますので、誰の子なのか、楽しみにしていただけると幸いです。
あくまで「こちら側に来る10人」ですので……。
多分、10人目の正体について、「あ、そうきたか!」と結構驚かれるかもしれませんが、納得もするかなーと。
特典ドラマCDは短編でもありました「魔法少女リーア☆マジか」の前編となります。
リアスとソーナの奮闘ぶりをお楽しみくださいませ。

今週末は来年の向けての打ち合わせ第2弾がありますので、年末も気を引き締めて立ち向かっていきたいと思います。

ではでは。


web拍手を送る

[PR]

# by ichiei_ishibumi | 2015-12-14 10:05 | D×D | Trackback